北海道オホーツクの知床 斜里。
四季のはっきりとした雄大なオホーツクの地で
しれとこビーツは育てられています。

男たちの熱い友情と夢が産んだ
グチヤマかれんファームブランドです。

かれんファーム

私たちはここ北海道の知床で、ビーツ、大豆や金時豆、小麦やじゃがいも、ビートなども育てています。

昨年2021年の春に初めてビーツ生産に挑みました。私たち家族とグチヤマラボで真っ直ぐに生産しております。

この大地の栄養をたっぷり含んだ「しれとこビーツ」。皆様に喜んでもらえるのが楽しみです!

オイシイ想いを届けたい。グチヤマラボ

私たちは北海道の網走を拠点に、「愉しい」と「オイシイ」で人との繋がりを大切に夫婦で活動しております。

オホーツクで6次化に取り組む農家様とともに商品開発や、SNSでの情報発信を中心にしたホームページ制作と運営、出張写真撮影なども行なっております。

熱い想いを持った方々とお客様を繋げたい。そんな想いで日々活動しております。

しれとこビーツ生産のストーリー

「ここでイカしたビーツをつくろうゼ!」

という男同士の夢から始まり、この大地で『しれとこビーツ』を生産してなんとかここまできました。農薬化学肥料を使用せずに生産しております。妥協せずに、真っ直ぐ作った『しれとこビーツ』をたくさんの人に食べていただけたら幸いです。

これからも「オイシク健康的に!!」をテーマに活動していきます。

ビーツとは

「奇跡の野菜」「食べる輸血」

「奇跡の野菜」「食べる輸血」とも呼ばれる栄養満点のスーパーフード、ビーツ。その高い栄養価から近年注目を浴びています。ビーツ特有の赤紫色の色素を作り出し高い抗酸化作用を持つ「ベタシアニン・ベタキサンチン」、便通改善や腸内環境を健やかに保ってくれる「食物繊維・ラフィノース」。中でも摂取した際に体内で産生される成分「NO(一酸化窒素)」の働きはノーベル賞を受賞したほどです。

ビーツについて

鮮やかな赤紫色と年輪のような模様が綺麗な西洋野菜です。赤いスープが魅力的なウクライナやロシアの伝統料理ボルシチでも有名な野菜です。ヒユ科フダンソウ属の根菜で、てんさい糖の原料となるビート、またはテンサイ(甜菜)の仲間です。

テーブルビート、カエンサイ(火焔菜)などの呼び名も。赤く丸い根が赤カブに似ていますが、アブラナ科であるカブとは別の種類です。ショ糖を多く含むため、食べるとほんのりと甘みがあります。ですが、カロリーは低くコレステロールもほぼありません。

旬の時期

ビーツの旬は1年で2回あり、春まきでは6~7月、秋まきは11~12月頃に収穫されます。寒さに強いという性質を持ちます。

しれとこビーツができるまで

製品化へ向けて

まだまだ認知が少ないビーツを手軽に食べていただきたい。

そんな思いから今、イロイロな角度からの商品化を考えております。

ここオホーツクで生産量を増やして、たくさんの人に愛される商品ができるように。そしてビーツを好きな人がもっともっと増えますように…。

『しれとこビーツの水煮』完成!

『しれとこビーツの水煮』の食べ方やレシピ

お問い合わせ

グチヤマかれんファームへのお問い合わせは、下記の「お問い合わせフォーム」へご入力、
または「 guchiyamalabo@gmail.com 」のメールアドレスより受け付けております。

商品についてやお困りのことがございましたらお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォーム